ロープアクセス工法

ロープ打診調査/ローコストで正確な調査

ロープ打診調査工法内容

Construction method
外壁補修目的や調査の正確性に最も重点をおかれている場合、弊社ではロープアクセスによる外壁ロープ打診調査を推奨させて頂いております。検査員が建物屋上から吊るしたロープにて降下しながら打診棒を用いて外壁(タイル、モルタル)の浮きを調査していくと同時に目視にて細部外壁ひび割れや、シーリングの劣化などをを調査していきます。
※ロープアクセス工法による打診調査は、建物の屋上に丸環やロープを安全に固定できるコンクリートの架台や鉄骨が設置されている事が条件となります。

ー早い・安い・安全ー

メリットだらけのロープ打診調査

ロープアクセス工法(ロープ打診調査)では足場やゴンドラといった大規模な仮設資材を設置する事なく、外壁タイル等の調査から工事まで行なう事が可能です。また、建物がセットバックになっている等、デザイン性があり足場やゴンドラが設置し難い建物にもロープアクセス工法(ロープ打診調査)は適しております。

工期の短縮


ロープ打診の場合、足場やゴンドラを設置することなく調査、補修が可能ですので工期の短縮が可能です。雨・強風の日以外は調査可能なので日程調整の手間が省けます。

コストの削減


仮設足場やゴンドラの調査に比べ大きな資材の運搬の必要がなく、また工期を短縮できその結果大きなコスト削減が可能です。

調査の正確さ


ロープ打診の場合、打診棒で直接外壁を叩き、打音を聞き分け浮いているか否かの判断をするため「正確性」に長けている。赤外線調査に比べ補修工事目的に向いています。

 
その他にも・足場の設置及び解体の必要がないので工期が短い・様々な形状の建物にも対応が可能・道路を使用しない為、道路占用許可の申請が不要など色々なメリットがございます。

安全対策

Safety measure

 

Q: どのような作業者地上落下防止対策を行っていますか?

ロープは、メインロープとサブロープの2本のロープを使用します。メインロープとサブロープは別々の場所に結び、固定します。常に点検された安全なロープを使用し、2重3重に渡って安全確保を行っております。

ロープの結び方は、社団法人東京ガラスクリーニング協会が推奨する結び方、及び固定方法を採用しています。メインロープ、サブロープが建物と接触する位置にはロープの摩擦を防ぐ為、養生(ウエス等)を行います。業務前と後には必ずロープの状態を点検し、破棄する必要性の有無を確認しています。 

 

Q:どのように地上への安全対策を行っていますか?
  • 調査中はその直下に人が通行しない様、ポールと虎棒を立て安全を図ります。人通りが多い調査場所には警備員を配置し、ポールと虎棒内に人が侵入しない様、監視また通行人に注意喚起します。
  • 業務者は全ての道具に落下防止収縮自在形コードを付け、万一手元から離れても落下しない様にしています。道具以外の私物、特に携帯電話は所持しません。所持する際はカールコートを付けます。

 

お問い合わせ

Contact
建物診断・改修工事等、建物に関するご相談はお気軽にご連絡ください。

TEL  072-983-5405